ディスクグラインダーは職人が一番持っているかも知れない電動工具

ディスクグラインダーは取扱が悪くて事故の多い電動工具ですが、充電工具では40Vの商品も販売されており進化がすごいです。そんなグラインダーは職人が一番持っているかも知れない電動工具ですが、最近機種を調べてみました。

 

ディスクグラインダーの進化がすごい!

ディスクのサイズには直径100〜200mmの種類があるので、使用する機種の規格に合うサイズのもの、そして加工する材料、用途に適したものを選んばないとなりませんが最近の性能はすごい!

 

それぞれの砥石には、最高回転数、最高使用周速度、切断能力などが表示されています。事前に使用する機種の仕様を確認しておき、回転数が限度を超えていないか、材料の厚みに適当かを確かめて購入しましょう。

 
40VにBluetooth内蔵のディスクグラインダーとは?
 
 

GA020G 充電式ディスクグラインダ

マキタの40Vディスクグラインダに、回転数をダイヤル無段階に変えられる無段変速の4.0Ahタイプが出ました。

別売りのワイヤレスユニットにより、Bluetoothによる無線連動が可能です。無線連動対応の充電式集じん機(型番:VC864D)と併用することにより、電源コードなしでの集じんが可能になります。

さらにコードレス化で足元の安全性と作業性があります。

GA020Gは、持ち手を押し込んで起動するパドルスイッチタイプで、砥石径: 125mmです。

 

 
f:id:pocket_t:20210111140115j:image
f:id:pocket_t:20210111140112j:image
 

GA420D 充電式ディスクグラインダ

砥石交換が簡単&スピーディになりワンタッチで先端工具の着脱が可能になりました。その他、作業能率を向上させる機能を複数搭載しています。 負荷に応じて変速する自動変速機能と急停止の反動を低減する保護機能を搭載しているため、安心して作業ができます。
 
f:id:pocket_t:20210111140312j:image
f:id:pocket_t:20210111140309j:image
 

G3613DA コードレスディスクグラインダ

不用意に動作することを防止するため、オフロックレバーを同時に操作しないとスイッチが入らない構造で安全性をさらに高めます。 また、過負荷作業時でも高回転数を確保する強力なモーターおよび制御回路を装備しました。安全性を重視したブレーキ付です。スイッチを切るとブレーキがかかり停止までの時間が短縮されるため、次の作業にすぐ取りかかれ作業効率が格段に向上します。
細径で握りやすく、小形ヘッドで軽量コンパクトなボディにより、取り回しが良く、効率の良い作業が可能です。
回路部を樹脂コーティングすることで、本体内部へ侵入した水やほこりから電子部品を保護します。
モーターの急激な回転低下を監視することで、瞬時にモーターを停止し反動(キックバック)を軽減。
スイッチがONの状態で電池を差し込んでも動作しない機能。不意の事故防止に役立ちます。
起動時の反動を抑えて、快適に作業が可能です。